検索
この検索ボックスを閉じる。

建築用コンクリート - 生の美しさを住まいに

リビングルームのテレビ用ウッドキャビネット コンクリートの壁にモックアップ。

建築用コンクリート は、最近とても流行っているインテリアのアクセントです。かつては建築物の構造体として欠かせない存在だったコンクリートは、現在では住宅やアパートの美観を演出するために気軽に利用されています。建築用コンクリートとは、いったいどのようなものなのでしょうか?

建築用コンクリートとは?普通のコンクリートとはどう違うのですか?

建築用コンクリートは、適切に選択された材料から作られる製品です。ここで最も重要なのはバインダー、つまりセメントや鉱物添加剤入りセメントである。セメントは水と混ぜると適度な硬さになり、完全に乾燥すると永久的な性質を持つようになる。骨材は、通常、細かい砂や砂利で、充填の役割を果たす。その選択は、コンクリートの望ましい特性によって決まる。骨材の選択、セメントの量、水の量によって、さまざまな特性のコンクリートを作ることができるのです。建築用コンクリートは、通常のコンクリートと異なり、美観に優れています。

建築用コンクリートの種類

建築用コンクリートは、インテリアデザイン・仕上げの市場に進出し、大きな成功を収めています。いくつかのバージョンがあり、用途やデザインに応じて、あらゆる製品を選択することが可能です。その中でも特に人気があるのが

コンクリートプラスター建築用コンクリート漆喰は、壁を装飾するための既製品です。コンクリート特有の欠点を生かしながら、板張り、平滑、生成りなど、手法によってさまざまな効果が得られます。

ロール状フレキシブルコンクリート は、建築用コンクリートを模したもので、コンクリートと見紛うばかりです。軽さ、設置のしやすさ、リアルな仕上がりが特長です。ロール状フレキシブルコンクリートの大きなメリットは、その施工性の良さです。あらかじめ準備した壁に、適切な接着剤ともう一人の人がいれば、適切なピースを貼り付けることができます。ロール状コンクリートは、建築物の内装仕上げ専用に作られたものです。

建築用コンクリートパネル は、さまざまなサイズ、厚み、質感のコンクリートスラブで、インテリアやエクステリアに使用されます。生コンクリート製の打ち放しパネルは、スムース、テクスチャー、装飾が施され、コンクリートグレーの色調も数種類用意されています。コンクリートパネルは、ネジ、アンカー、強力な接着剤などで適切に固定する必要があります。

マイクロセメント は、建築用コンクリートの派生商品です。マイクロセメントは、セメントとポリマーをベースとした塗料から作られる。特に、壁、階段、床、家具などの表面仕上げの装飾として、幅広い用途に使用できる繊細な薄層コーティングです。マイクロセメントの利点は、その適用が簡単で、特別な技術を必要としないことである。

建築用コンクリート用途

建築用コンクリート は、汎用性の高い製品です。打ち放しコンクリートは種類が豊富なため、住宅内だけでなく屋外でも使用することが可能です。建築用コンクリートは、例えば、壁の装飾として、両方に使用することができます。
を、一般的なタイルに代えて、浴室の仕上げに採用しました。建築用コンクリートの面白さは、3次元的な広がりを持たせることができることです。コンクリートパネルは、平滑で直線的である必要はありません。ショップでは、立方体、円形、波状などさまざまな形状のファインミルのパネルも提供しています。建築用コンクリートの用途は多岐にわたるため、その汎用性の高さが際立つ。インダストリアル、ロフト、モダニズムなどのスタイルのインテリアの仕上げに最適です。

 コンクリートの施工・メンテナンス

建築用コンクリートの施工は、その種類を選択することで決まります。コンクリートスラブの場合は、固定システムを使ってスラブを壁に適切に固定する専門家の助けが必要です。固定方法は、ケミカルアンカーによるインビジブルシステム、ハンガーによるインビジブルシステム、スラブを壁に固定する方法(ここでは固定用アンカーが見えるようにする)、接着剤による方法などがあります。場所によって異なります。
コンクリートは、特殊な保護膜によって保護する必要があります。コンクリートの適切なメンテナンスと保護について覚えておくことが重要です。多孔質構造なので、細かい汚れも沈殿しやすい。キッチンやバスルームなどの建築用コンクリートの仕上げの場合、含浸させる必要があります。含浸により、コンクリートは撥水性を持ち、汚れがつきにくくなり、汚れを落とすと磨耗しにくくなります。

打ち放しコンクリート選び - 何を基準にすればいいのか?

打ち放しコンクリートを選ぶ際には、どこに、どのような目的で使用されるかを一番に考える必要があります。キッチンやバスルーム、廊下など使用頻度の高い場所に打ちっぱなしのコンクリートを使用する場合、コンクリートスラブや石膏、ロール状のフレキシブルコンクリートを選択する必要があります。また、コンクリートの種類を選ぶ際には、自分たちで施工できるのか、それともプロの手を借りなければならないのか、経済的な余裕と建築技術も重要なポイントになります。

その他の興味深い記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です