検索
この検索ボックスを閉じる。

ローレルの木 - どのように正しくそれらを成長させる?ガーデナーズガイド

ローレル

ローレンシアは常緑低木で、一年中楽しい庭の飾りになります。面白い品種がたくさんあり、主な違いは葉の形、大きさ、丈夫さである。月桂樹のシュラブは、単独でも群生させることができます。

月桂樹はどのようなものですか?- 特徴

南ヨーロッパ、コーカサス、小アジアに自生する低木で、高さは10mに達する。ポーランド西部で最もよく育ち、冬の被覆を必要としないが、全長は4mにもなる。しかし、それでも印象的なのは、一年中飾られている丈夫な葉で、品種によっては15cmにもなるものもある。5月に美しい白い花を咲かせ、芳香を放ちます。熟した果実は丸くて黒いが、我々の環境ではほとんど見られない。

月桂樹を植える場所は?

月桂樹の敷地に対する要件は特に高くはない。日当たりの良い場所、半日陰、日陰で育ちます。高い木の陰だけが、本当に好きだったのです。極寒の地では、月桂樹は風通しのよい場所と日陰に植えないと、冬の日差しで葉が傷んでしまうので注意が必要です。他の樹木があっても問題ありません。白樺やカエデの根が密集しているところでも、月桂樹の根が深く生えていて、競争することができるのです。

土壌に関しても、月桂樹に特別な条件はありません。腐植土や豊かな粘土質の土壌を好むが、適度に乾燥した砂地でも容易に生育する。ここでは、秋に一年草の新芽がより早く木質化するため、霜に強くなっている。また、pHの制約がなく、土壌が中酸性でもアルカリ性でも大丈夫です。一方で、水がたまりやすい圧縮された土壌は苦手とする。適度な落葉は、土壌の状態が好ましくないことを示す最初の警告です。

月桂樹のお手入れ方法は?

ローレルは生育期を通してたっぷりの水やりを必要とし、土は常に湿った状態に保たなければなりません。月桂樹の葉の周りの地面を覆うことで、土からの水分蒸発をさらに防ぐことができます。また、雑草の繁茂を抑え、さらに根の霜除けにもなります。マルチング材には堆肥化したバークを使うのがベストです。月桂樹は常緑樹であるため、生理的な乾燥に悩まされる。特に冬場は土壌が凍結するため、水を与えることができない。そのため、月桂樹は霜が降りる前と霜が降りた春にたっぷりと水を与える必要があります。オリエンタルローレルの肥料は、有機肥料である堆肥が最適です。適用した場合、植物に過剰に肥料を与える心配はありません。また、春と初夏に多成分のミネラル肥料を施用することも可能です(最終施用は7月)。ローレルの低木はよく切れるので、生け垣を形成したり、幾何学的な形を作るのに適しています。花後(6月~7月中旬)に刈り込みます。剪定するときは、葉を傷つけないように注意してください。切ったところから茶色く変色し始め、しぼんでしまうので、病気にかかりやすくなります。毎年春には、フリーズドライの新芽も切り戻しています。

月桂樹の肥料はどうしたらいいですか?

コンポストとは、植物性廃棄物(野菜や果物のくず、小枝、葉、草の刈り込み)を分解してできる有機物のことで、堆肥化する価値があります。以上により、土壌に多くのミクロおよびマクロ要素が供給される。肥料を与え、空気を入れる。このように、植物の生育を向上させることができます。同時に、環境に悪影響を与えない。水を汚さず、そこに住む動物や月桂樹そのものにも害を与えない。潅木に肥料をやりすぎる心配はありません。

自分でコンポストを作る時間がない場合は、園芸店で販売されている既製品を利用しましょう。また、窒素、カリウム、リン、マグネシウム、カルシウムなどさまざまな化合物を人工的に混ぜ合わせたミネラル肥料に投資することもできます。ただし、この場合、植物に供給する養分の量を乱用しないように注意する必要があります。そうしないと、跳ね返って月桂樹の植物を傷つけてしまうからです。

 冬に桂を守るには?

すべての品種が霜に強いわけではなく、100%でこの性質を持つ月桂樹もそうです。特に若い株は霜に弱いので、霜が降りるまでは白い農業用布で覆っておくとよい。常緑樹である月桂樹は、冬も光を必要とするため、植物を完全に覆わず、軽く覆う程度にすることが重要です。冬の間、月桂樹は生理的な乾燥状態にあるので、霜が降りる前にたっぷりと水を与えてください。

3月上旬に凍った月桂樹の芽を切り戻す。灰色の枝を健康な場所に切り落とし、そのまま乾燥させる。霜が降りた後の月桂樹の手入れには、肥料も必要です。弱った植物には、堆肥や良質の複合肥料を与えてください。

また、定期的に水をやり、十分な厚さのマルチング材で地面を覆う必要があります。フロストローレルは通常、再生し、徐々に新しい芽を出します。

その他の興味深い記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です