検索
この検索ボックスを閉じる。

ベゴニアのお手入れ方法は?- こうかいしあんない

シュウカイドウ

ベゴニアは丈夫で色鮮やかな植物であり、どんな空間にも活気を与えてくれます。日陰でも育ち、常に湿度を必要とする珍しい観葉植物です。また、1ヶ月に1回程度、植物用の液体肥料を与えるのも効果的です。真菌感染や根腐れを防ぎ、ベゴニアを健康に保つためのいくつかの基本的なポイントを守れば、ベゴニアの手入れは決して難しいことではありません。ベゴニアのお手入れ方法をご紹介していますので、ベゴニアをいつまでも元気に育ててください。

ベゴニア - どんな花ですか?

ベゴニアはユリ科に属する植物です。夏から秋にかけて、色とりどりの大きな花を咲かせます。ベゴニアの中には、食用の花を咲かせる種類もあります。ベゴニアには何千種類もの種類があり、塊茎の形で栽培されることが多いため、一般に塊茎性ベゴニアと呼ばれています。ベゴニアには様々な種類があり、その生育の仕方からいくつかに分けられます。塊根、木登り、塊根のつる、塊根の花などがあります。つる性植物は、屋内でも屋外でも栽培可能です。塊根の花をつけるタイプは主に観葉植物として育てられますが、塊根のベゴニアの中には食用花として育てられるものもあります。

ベゴニアのお手入れ

ベゴニアが元気な株になるかどうかは、「手入れの仕方」と「ベゴニアの種が土の中で育つときにどれだけ手入れをしたか」の2点がポイントになります。ですから、ベゴニアを元気にしたいのであれば、これらのことを丁寧に行う必要があります。 

また、ベゴニアの手入れをする際には、その植物が育つ気候を考慮することも大切です。ベゴニアには、屋外の日当たりのよい場所での栽培に適した種類と、日陰での栽培に適した種類があります。室内で育てる植物の場合、1日に6時間以上直射日光が当たる日当たりのよい場所が理想的です。 

ベゴニアに最適な条件を与えるようにしましょう。弱めの間接照明、温度18~20℃、湿度70%~80%が理想的です。

ベゴニアの鉢を正しく配置する

ベゴニアの鉢を選ぶときは、いくつかの点に注意する必要があります。まず、鉢は植物に十分な風通しを与えるものでなければなりません。次に、根が広がるようにしながら、鉢を十分に湿らせる必要があります。鉢が乾燥しすぎるとベゴニアの根が枯れ、湿気が多いとベゴニアが枯れてしまうので、注意が必要です。ベゴニアの鉢に空気と水を適切に混ぜるには、頻繁に植え替えるのが一番です。植え替えは、鉢の中の土の一部を新しい用土に入れ替え、ベゴニアが新しい土になじむように育てます。

ベゴニアの植え替えは思ったより簡単で、30分ほどで完了します。ベゴニアを植え替える前に、古い鉢を空にして、古い養分などが残らないように掃除しておくとよいでしょう。

ベゴニアに定期的に水を与える

ベゴニアが成長するためには、十分な水を与える必要があります。水が少なすぎるとベゴニアの根が枯れ、多すぎるとベゴニアが腐ってしまいます。ベゴニアの用土が乾燥しすぎていると、水分が十分に行き渡らなくなります。ベゴニアの用土が湿りすぎていると、ベゴニアが水につかって枯れてしまいます。ベゴニアの鉢の中の土と水の量を定期的にチェックするとよいでしょう。鉢の中の土が均一に湿るように、十分に水を与えることを忘れないでください。また、加湿器用トレイを使用して、室内の湿度を上げることも可能です。

ベゴニアには数ヶ月に一度、液体肥料を与えてください。

観葉植物が健康に育ち、丈夫であるためには、一定量の栄養素が必要です。ベゴニアにこれらの栄養素を確実に与えるには、数ヶ月に一度、植物用の液体肥料を与えるのが一番です。

植物用液体肥料にはいくつかのブランドがあり、それぞれに異なる成分が含まれています。ベゴニアの種類に合ったものを選ぶとよいでしょう。ベゴニアに与える頻度は、使用する植物用液体肥料の種類によって異なります。室内植物用の液体プラントコンディショナーを使用している場合、ベゴニアには3~6ヶ月に一度、給餌してください。屋外用の液体プラントコンディショナーを使用している場合は、毎年ベゴニアに与えてください。 

ベゴニアに肥料を与えるときは、液体肥料を水槽に注ぎます。こうすることで、余分な肥料がベゴニアの葉につくのを防ぐことができます。 

ベゴニアが乾いたらお手入れをしましょう

ベゴニアが乾燥しているかどうかを確認する方法は、葉を見ることです。シワシワで乾燥しているようなら、水が必要な可能性が高いです。ベゴニアが乾燥しているときに役立つ方法がいくつかあります。ベゴニアに水分を与える最も簡単で効果的な方法は、水分補給用のトレイを使用することです。加湿トレイは、植物周辺の水分を増やすためのシンプルな装置です。トレイには、水を含んだ小石やボールが入っています。ベゴニアをトレイの上に置くと、継続的に水を与えることができます。

真菌の病気と治療法

真菌の病気と治療法は、ベゴニアに問題があることを観察した場合にのみ必要です。これらの問題に目を向け、気づいたらすぐに対処するようにしましょう。例えば、ベゴニアの葉に異常があったり、枯れたりしている場合は、細菌や真菌の感染症である可能性が高いです。そのような場合は、葉を取り除くのが一番です。もし、このような問題に気づいたら、すぐにベゴニアを他の植物から隔離し、よく水をやり、液体肥料を数滴加えてください。数日後に感染の兆候が現れなければ、数週間ごとに液体プラントフードを少し加えながら、普通にベゴニアに水を与えても大丈夫です。

 

その他の興味深い記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です