検索
この検索ボックスを閉じる。

ポンペイの祈り-歴史、内容、意味

ポンペイの祈り」は、ポンペイという都市で生まれた古代の祈りである。西暦79年のヴェスヴィオ火山の噴火後、ポンペイのある家の壁から発見されたものだ。この祈りは、古代ローマの宗教に関連する考古学的発見の中で最も重要なものの一つである。

発見の歴史

ポンペイの祈りが発見されるまでのストーリーは、予想外の展開に満ちていて面白い。この祈りは、1709年にイタリアの考古学者フランチェスコ・ラ・ベガによって発見された。ラ・ベガは、1599年にイタリア人のドメニコ・フォンタナがポンペイを発見した後、最初に研究に乗り出した探検家の一人である。

ラ・ベガは、ポンペイで行った数多くの発掘調査の中で、この「ポンペイの祈り」を発見した。西暦79年のベスビオ火山の噴火で破壊された家の壁から発見したのだ。この家は、当時ポンペイで発見された多くの家の一つであったが、ラ・ベガは自分の発見が特に重要であることにすぐに気がついた。

ラ・ベガは、壁に宗教的な碑文があることに初めて気づき、古代ローマの宗教に関連するユニークな発見をしたのである。彼はすぐに、この発見がポンペイの人々の宗教的信念や習慣に関する貴重な情報を提供してくれることに気づいた。

ラ・ベガは1709年、ポンペイの祈りの言葉など、ポンペイでの調査や発見を記した『ポンペイアーナ:La descrizione di Pompei』で、その発見を発表したのである。この本は、ポンペイや古代ローマの宗教に関心を持つ他の考古学者や古代の研究者にとって重要な情報源となった。

祈りの内容

ポンペイの祈り」は、古代ローマで信仰されていたさまざまな神々に向けられた祈りである。その言葉には、発見された家の住人の保護と救済を求める願いが込められている。危険から身を守る、癒し、子宝、商売繁盛などの願いが込められています。

ポンペイの祈りの文は次の通りである。

"Deae Sanctae, vos rogo et obsecro, ut quidquid ex mea familia est, domo, servis, ancillis, omni familia, in hac ipsa domo, in hac area, in hac villa, in hac fundione, in omni loco, ubicumque sunt, sanos, incolumes, felices, valeant, floreant.".Ego vos exoro ut quidquid est apud me, quod vobis placet, id habeam, id teneam, id retineam, id conservem, id amplificem." (私の前にあるものは、私のものであり、あなたのものであり、あなたのものは、あなたのものである)

翻訳する。
"神の聖者たちよ、私の家族、私の家、私の使用人、私の奴隷、私の家族全員、まさにこの家に、この土地に、この村に、この製鉄所に、あらゆる場所に、いるものすべてが、健康で、怪我なく、幸せに、繁栄するよう、お願いし懇請します。私と共にあるもの、あなたが楽しんだもの、私が持ったもの、私が保ったもの、私が維持したもの、私が守ったもの、私が拡張したもの、すべてをお願いします。"

発見の重要性

ポンペイの祈りは、古代ローマの文化や宗教を研究する上でも重要である。これにより、この都市の住民の宗教的な信念や慣習、そしてそれらがどのように日常生活と結びついていたのかについて、より深く理解することができるのです。この祈りには、家族の祝福、健康、子宝、商売繁盛などの願いが込められており、ポンペイの人々にとって、これらの問題がいかに重要であったかを物語っている。

ポンペイの祈り」は、古代ローマの言葉の研究に役立っています。現代ラテン語では使われなくなった単語や文法形式が多く含まれており、数世紀にわたる言語の変遷を理解することができます。

ポンペイの歴史を研究する分野では、「ポンペイの祈り」が使われている。この発見は、この街が古代ローマの最も重要な商業・文化の中心地であった時代にさかのぼります。ポンペイの祈り」を研究することで、考古学者はポンペイの住民の日常生活がどのようなものだったか、彼らのニーズや関心は何だったのか、そして当時の他の都市や文化との関係はどうだったのかをよりよく理解することができるのです。

ポンペイの祈りの言葉は、ポンペイから出土した数少ない宗教に関連した発見であることは特筆に価する。ポンペイで発見された他の多くの宗教的な碑文は、破壊されたり、失われたりしている。このように、ポンペイの祈りは古代ローマの宗教を研究する上で非常に貴重であり、現存する最も重要な資料の一つである。

ポンペイの祈りは、自然災害の歴史を研究する上でも重要である。この発見は、ヴェスヴィオ火山の噴火によって街が破壊された時期のもので、この災害の規模と結果、そして住民の反応がどのようなものだったかを理解することができます。

まとめると、「ポンペイの祈り」はポンペイ市を起源とする重要な考古学的発見である。ヴェスヴィオ火山の噴火で破壊されたある家の壁から発見されたものである。この祈りによって、古代ローマの宗教と当時の芸術をより深く理解することができ、ポンペイの住民の日常生活について独自の洞察を得ることができるのです。この発見は、現在も考古学者によって研究されており、その全貌を解明しようとしている。

その他の興味深い記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です