インスリン抵抗性とは何ですか?

手指のランセットで血糖値やケトン体をチェックする人

インスリン抵抗性とは、体内のインスリンというホルモンが血糖値を効果的に調節できなくなった状態のことです。インスリン抵抗性は、体内の細胞がインスリンのシグナルを無視して、循環するグルコースを吸収することで発生する。グルコースは血流中に蓄積され、インスリン産生をより誘発する。このインスリンとグルコースの増加は、多くの深刻な健康問題を引き起こし、老化のプロセスを増加させる可能性があります。 インスリン抵抗性の正確な原因は複雑で、まだ研究されていませんが、慢性的に高い血糖値のほか、遺伝、食事、運動不足、睡眠不足、環境毒素などの要因に影響されることが分かっています。特にインスリン抵抗性がある場合は、健康的でバランスの取れた食事を維持することが重要です。つまり、加工食品の摂取を減らし、砂糖の摂取を制限することです。非でんぷん質の野菜を選び、食物繊維を増やすと、インスリン抵抗性に伴う高血糖を抑えることができます。また、水分補給のために毎日たっぷりと水を飲むことも欠かせません。 インスリン抵抗性は、食事や運動習慣を見直すことで対処できます。健康的なライフスタイルの維持に努めれば、インスリンを上手に使うことができるようになります。また、インスリン抵抗性に対処・治療し、インスリンと血糖値のバランスを保つために摂取できる天然成分や栄養素があります。

これは覚えておいて損はないですよ

インスリン抵抗性を放置すると、メタボリックシンドロームなど多くの健康合併症を引き起こす可能性があります。高血糖、高血圧、高コレステロール、腹部余剰脂肪などの症状群です。また、メタボリックシンドロームの方は、さらなる合併症を伴う2型糖尿病を発症するリスクが非常に高くなります。したがって、自分の危険因子を知り、心配なことがあれば医師に診てもらい、適切な診断を受けることが重要です。良いことに、良い食事と健康的なライフスタイルを心がければ、インスリン抵抗性が長期的なダメージを与える前に管理することが可能です。

インスリン抵抗性と診断された場合、まず疑問に思うのは、どんな薬でもこの状態を治療することができるのかということでしょう。多くの医師は、糖尿病予備軍やインスリン抵抗性の患者さんにメトホルミンを処方しています。肝臓でのブドウ糖の生成を抑え、細胞のインスリン感受性を高めることで効果を発揮します。しかし、インスリン抵抗性の根本的な原因を解決するものではありません。ピオグリタゾンも、インスリンに対する感受性を高めることで血糖値を下げる薬です。しかし、この薬は、軽度の体重増加という副作用の可能性もあり、メトホルミンほどポピュラーなものではありません。薬物はインスリン感受性を改善し、2型糖尿病の発症を遅らせる役割を果たしますが、単独の介入として十分であることはほとんどありません。

体重減少、特に腹部脂肪の減少をもたらす食事介入は、事実上、一時的にインスリン感受性を改善する可能性があります。低炭水化物ダイエットは確かにこの説明に合致し、インスリン感受性を改善するためには低脂肪ダイエットよりも効果的かもしれません。ある観察研究では、低炭水化物食を摂取した糖尿病予備群の生存率が向上することが示唆され、より強力な非ランダム化研究では、50%以上の糖尿病予備群のグルコースが正常化することが示された。低炭水化物ダイエットがインスリン抵抗性の人に良い理由は簡単です。砂糖、またはすぐに消化されて糖になる炭水化物を食べなければ、血液中の糖分が少なくなるので、血液から細胞に糖(グルコース)を移すためにインスリンを分泌する必要が少なくなるからです。すでにインスリン抵抗性のある体であれば、正常な血糖値を維持するために大量のインスリンを必要としないこの体内環境を作ることは、非常に有効なことです。

概要

血液中に過剰なインスリンと血糖がたくさんあると、これは私たちの体に余分な糖を貯蔵所に置くようにという信号を送ります。私たちは肝臓や筋肉にある程度の糖を蓄えることができますが、これらが満杯になると、体は脂肪の形で余分な糖を蓄えるようになります。これはもちろん、体重増加の原因になり始める。血糖値が常に高い状態が続くと、心臓病、脳卒中、腎不全、失明、体内の神経の病気、足の潰瘍、感染症など、さまざまな慢性疾患につながる可能性があります。インスリン抵抗性を引き起こす要因には、食事、遺伝、体重など様々なものがあります。インスリン抵抗性に関して最も嬉しいことは、それを遅らせたり、予防したりすることができることです。食生活の改善、身体活動、そして特定の薬も、血糖値とインスリンのレベルを下げるための強力な手段となります。

その他の興味深い記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。