卵の栄養価や食べ方について

ハンド・オブ・パン

かつて卵はコレステロールを多く含むため健康に良くないとされていましたが、多くの研究により、現在では毎日の食事に取り入れるべき最も価値のある食品の一つとなっています。卵が栄養的に優れている理由と、美味しく調理する方法とは?

なぜ卵を食べるのか?

卵は栄養価の宝庫で、ダイエットに最適です。中サイズの卵1個はわずか90kcal。卵白、卵黄ともに、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれています。特に卵白は、人間の体内では生成できない必須アミノ酸をすべて含んでいるため、フォーミュラとして重要であることがわかります。そのため、食料を供給する必要があるのです。

卵は、ビタミンB1、B2、B6、B12を豊富に含んでいます。また、葉酸、パントテン酸、ビオチン、ナイアシンも含まれています。また、A、D、E、Kなど、さまざまなビタミンの宝庫でもある。 同様に重要なのが、リン、鉄、亜鉛、セレンといった多くのミネラルを含んでいることです。

卵はダイエットに最適です。脂肪分が多いため、長時間にわたって満腹感が得られる。その結果、食事と食事の間の過度の間食を防ぎ、結果的に摂取カロリーを減らすことができるのです。また、卵は集中的に運動する人にもおすすめです。良質なタンパク質を大量に摂取することで、筋肉の材料となる体を作ることができます。

卵の調理法

卵にはいろいろな調理法があり、食べる形はもう好みの問題です。とはいえ、卵の盛り付けには、いくつかの基本的でよく知られた形式があるので、それを区別しておくとよいでしょう。

ポーチドエッグは人気商品です。ただし、黄身は液状にしておくことが大切で、栄養価が最も保たれる。この形で卵を提供するためには、少量の脂肪を追加で使用する必要があります。そのため、食事の総カロリーが若干増えますが、全体としては大きな問題ではありません。しかし、余分な脂を使いたくない場合は、焦げ付きにくいフライパンがあれば、すべての工程を水で行うことも可能です。

また、卵の盛り付けのひとつとして、朝食によく登場するスクランブルエッグがあります。調理時間が短いので、卵の価値を損なわない。難点は、バターで揚げたり、ベーコンやソーセージなどの脂肪分の多い食品と一緒に食べることが多いことだろうか。卵だけでは物足りないという方は、玉ねぎやニラ、トマトなどを選ぶとよりヘルシーになります。

オムレツも朝食の定番で、いろいろな調理法がある。その中でも特に重要なのは、常に卵という固形材料を使うことです。オムレツなら食べ応えもあり、容器に入れて持ち運ぶことも可能です。オムレツに野菜を添えれば、さらにヘルシーな食事になります。

最もヘルシーなのは「半熟卵」だが、これは必ずしも万人受けするものではない。卵黄は液体なので、大切な成分を逃しません。脂肪源を増やさないことで、カロリーの供給も増やさない。

卵ペースト

しかし、必ずしも誰もが卵単体で好きなわけではありません。一日中、サンドイッチやロールパンを食べることを提唱する人はたくさんいます。これも解決策があり、一方ではパンを楽しみ、他方では卵の健康効果を享受することができるのです。 卵ペースト は、この場合の救世主になり得ます。では、おいしくてヘルシー、しかも低カロリーに仕上げるには、どのようにペーストを調理すればよいのでしょうか。

卵ペーストというと、不健康で脂肪分の多いパンのスプレッドというイメージがあります。これは、ペーストが主にマヨネーズをベースに構成されているため、全体のカロリーが大きくなってしまうからです。どのように対処しているのですか?

消化が悪くカロリーの高いマヨネーズの代わりに、ナチュラルヨーグルトと少量のマスタードを組み合わせて使うのもよいでしょう。ペーストの食感が悪い場合は、亜麻仁油を一滴加えると、栄養価が大幅にアップします。

不飽和脂肪酸の宝庫であるアボカドも、ペーストの材料としてよく使われる。ニラ、玉ねぎ、大根などを加えるのが理想的です。

概要

まとめると、卵は減量だけでなく、生涯にわたって効果を発揮する栄養の一つであると言えます。卵は微量栄養素と多量栄養素を豊富に含んでいます。その調理法は多岐にわたります。スクランブルエッグ、オムレツ、半熟卵、卵ペーストなどの形で食べることができる。最後の選択肢は、一般的に卵が好きではなく、パンが好きな人向けの選択である。正しく作られた卵ペーストは、おいしくて健康的です。

その他の興味深い記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。