ビーツジュース - それらについて知っておく価値があるものは何ですか?

ビーツジュースは、2つの方法で作ることができます。生のビーツでも、ビーツのピクルスでもOKです。しかし、これらの形態は、それぞれ膨大な数の栄養特性を持っていることが特徴である。特に減量に励む方や、貧血に悩む方におすすめです。さらに、いわゆる二日酔いにも効果的です。ビーツジュースにはどのような特性があるのか、また、いつどのように飲めばいいのかを紹介します。

ビーツジュースの原材料

ビーツジュースの主成分は赤ビーツで、ポーランドでは非常に簡単に手に入ります。それゆえ、さまざまな調理法があるが、ビーツジュースは人気が出始めたばかりだ。実は、ビーツは硬いのが特徴で、土臭いので生では食べられませんが、非常に貴重な栄養成分を一通り持っているのです。ビタミンやミネラルを含んでいます。したがって、新鮮なビーツから絞ったジュースを飲むことは価値があります。

ビーツは、タンパク質や糖質など、体にとって貴重な物質の供給源です。さらに、抗菌・抗カビ・抗寄生虫作用を示す物質も含まれています。ビートルートには、B群、C群、A群、E群、K群、鉄、カリウム、マグネシウム、カルシウム、リン、銅、塩素、フッ素、亜鉛、ボロン、さらにリチウムとモリブデンが含まれています。さらに、有機酸(リンゴ酸、クエン酸、酒石酸、シュウ酸)を含んでいます。また、生のビートから作られたジュースには、ポリフェノール、カロテノイド、配糖体などが含まれ、食物繊維の供給源にもなっています。

ビーツジュース-その持つ特性

ビーツジュースは、人体にとって非常に価値のあるものです。鉄分とビタミンB群が循環器系と赤血球の形成に有益な効果を発揮するため、特に貧血に悩む人々に捧げられる。さらに、含まれる物質によって、血圧を下げたり、悪玉コレステロールの値を下げたりすることが可能です。ビーツジュースを定期的に飲むと、血管の内腔を広げることができ、動脈硬化の予防につながります。その結果、脳卒中、虚血性心疾患、心筋梗塞などの循環器系疾患の発症確率が低下するのです。

ベタニンを含むビーツジュースは、抗酸化作用、防腐作用、抗炎症作用があります。病気になりやすく、炎症が起こりやすい時期には、ビーツジュースを飲むとよいでしょう。ビーツジュースは、症状を和らげ、免疫系の機能を向上させるため、咳の治療の一環としてうまく利用することができます。ビーツジュースを定期的に摂取することで、体の調子が良くなるだけでなく、肌の調子が良くなり、体の老化を遅らせることができます。

ビーツジュースは、特にダイエット中の方におすすめです。食物繊維の存在により、代謝プロセスを調整し、そのおかげで体内の代謝プロセスの有害な生成物をより速く浄化することができます。ビーツジュースの大きな利点は、低カロリーであることです。100mlのジュースで45kcalしかないのです。また、食物繊維が含まれているため、空腹感を長時間抑制することが可能です。

ビーツジュースを飲むと、神経系の働きが良くなります。ビタミンB群がその役割を担っています。また、ビーツには硝酸塩が含まれており、代謝の過程で一酸化窒素に変換されます。その結果、筋肉への血液供給が改善され、体の効率が上がるので、アスリートの場合、非常に重要なのです。

ビーツジュースには他にも様々な特性があるため、上記のリストは完全なものではありません。このグループには、特に以下のものが含まれます。

  • 血中総コレステロール値を低下させる作用がある。
  • 毒素の影響から肝臓をさらに保護します。
  • は、脳卒中や心筋梗塞の発症の可能性を低減させます。
  • ストレスの認知を軽減し、感情の緊張を和らげ、神経症やうつ病の症状を和らげる。
  • は、睡眠の質を向上させます。
  • 集中力を高め、持久力を向上させます。
  • 更年期障害による変化を緩和します。
  • は、酸塩基平衡の回復により、糖尿病の治療に役立つ。
  • 性ホルモンの分泌を増加させる

ビーツジュースと妊娠

ビーツジュースは、胎児の正常な発育に関与する葉酸を多く含むため、妊婦の摂取が特に推奨されています。子供の適切な発達、特に神経系の発達を可能にします。さらに、ビーツジュースは便秘や胸焼けを予防する効果があります。妊娠中は、ほとんどの女性が貧血に悩まされますが、ビーツは貧血対策に最適です。

ビーツジュース - 禁忌

残念ながら、ビーツジュースは誰にでも大量に捧げられるものではありません。リウマチ、腎臓結石、痛風に悩む人は摂取を控えた方がよいでしょう。その理由は、これらの病気の症状を悪化させることにつながるシュウ酸塩の存在である。また、ビーツジュースは低血圧の人が頻繁に飲んではいけません。長期的には低血圧の発症につながるからです。大切なのは、節度を守り、飲むジュースの量を制限することです。

ビーツジュースはどのように飲めばよいのでしょうか?

よく考えるのは、ビーツジュースの飲み方です。一番良い解決策は、薄めずに冷やしたビーツジュースを飲むことです。

その自然な味を突き詰められない人は、別の野菜や果物のジュースを加えることもできます。または、水で希釈して使用することもできます。

徐々にその味に慣れていくための養生法も開発されています。

初日は、ビーツジュースとして20%、水として80%のドリンクを用意します。翌日、ジュースの量を40%に増やします。それ以降の日は、順次、ビートジュースと水の比率を増やしていきます。なお、投与量は身体の状態を観察しながら調整する。

ビートテスト - 行うべきか?

ネット上では、ビートルートジュースでリーキーガットテストができる、つまり寝る前にグラス3~4杯のジュースを飲むといいという情報を目にすることができます。朝の尿が赤い色をしていたら、リーキーガットの証拠です。

このような情報は、常識的な範囲で臨むべきものです。医学の世界ではリーキーガットを疑うことはない。尿の着色は、尿に色素が浸透した結果である。

その他の興味深い記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です