なぜ、コーヒーをあきらめるのか?

コーヒーショップでコーヒーを飲む女性

適度なコーヒーの飲用は多くの利点がありますが、私たちの一部には害もあります。コーヒーは胃潰瘍のリスクを高める可能性があります。コーヒーを飲むと、人気の胸焼けと相性が良いことがよくあります。ここでは、コーヒーをやめたほうがいい理由をいくつか紹介します。

  1. おいしいコーヒーには、ケーキや砂糖たっぷりのおかず、ミルクが一番合うというのはよく知られた話です。ただのコーヒーと思いきや、大量のカロリーを伴っているのです。ですから、この種の飲み物をやめることは、私たちにとってより良い、健康的な選択肢となります。
  2. ストレスホルモンの減少 - コーヒーに含まれるカフェインにより、アドレナリンやコルチゾールが体内で放出され、心臓の動きが速くなり、興奮状態になります。また、カフェインを大量に摂取すると、血圧の上昇や心臓の障害につながる。
  3. より良い睡眠 - カフェインが睡眠に与える影響を制限することで、私たちはより早く眠りにつき、より深く眠り、夜中に目覚めることがなくなります。もし、睡眠に問題を抱えている人がいたら、カフェインを断つことは間違いなく価値があります。
  4. 健康的な消化力 - コーヒーを飲むと、胸焼け、下痢、腹痛などの症状を訴えることがあります。カフェインは消化器系に影響を与えることが多いので、もし誰かが頻繁に不快感を訴えるようなら、コーヒーをやめることを考える価値があります。
  5. 白い歯-昔からコーヒーは白い歯に良くないと言われています。白い歯を長く保つためには、コーヒーを制限することです。
  6. 頭痛は忘れてください。コーヒーにはフラボノイドが含まれており、片頭痛を引き起こします。コーヒーに含まれる酸はマグネシウムの吸収を阻害するため、オグランはマグネシウムを使うことができず、頭痛が頻繁に起こるのもマグネシウムの不足が原因である。片頭痛になりやすい人は、コーヒーをやめたほうがいい。
  7. 妊娠中のコーヒー - 非常に重要なトピックは、妊婦がコーヒーを飲むべきかどうか?少量であれば、赤ちゃんを危険にさらすことはありませんが、コーヒーを大量に飲む女性では、流産の危険性が非常に高くなります。
  8. 節約 - コーヒーを頻繁に飲むということは、同じように頻繁に買わなければならないということです。今では、豆、挽き物、ブラック、インスタント、フレーバーなど、さまざまな種類のコーヒーが店頭に並んでいます。しかし、コーヒーを飲むということは、カフェに行くということでもあります。都心のお気に入りのカフェで、挽きたてのおいしいコーヒーを飲みたいと思わない人はいないでしょうから。しかし、少しでも節約したいときには、コーヒーを飲むことをあきらめたり、少量に抑えたりすることは価値があります。

その他の興味深い記事

1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。