検索
この検索ボックスを閉じる。

アペロール・スプリッツ - アルコール・カクテル

アペロール・スプリッツ・カクテルを作るバーテンダー

アペロール・スプリッツ

アペロールは食前酒に分類されるさまざまな飲み物の一つであるが、その主成分のおかげで際立っている。アペロールは、1919年の誕生以来、変わることのない秘伝のレシピで作られている。正確なレシピは明かせないが、ビターオレンジとスイートオレンジ、ルバーブ、そしてさまざまなハーブやスパイスが主要な材料であることを共有した。この夏、インターネット上でアペロールの是非が議論され始めたが、酒飲みは100年前から熱狂的にアペロールを楽しんでいるのである。ルイジとシルビオ・バルビエリという2人の兄弟が最初に作ったもので、マルキーズによると、彼らは7年の歳月をかけて研究・開発したそうです。バルビエリ兄弟は、この製品をイタリアのパドヴァで開催された見本市で初めて発表した。アペロールは食前酒であるため、伝統的に食前に飲まれるが、カンパリ・アメリカンは、11%という低いアルコール度数のおかげで、一日中いつでも完璧な飲み物であると言う。また、アペロール・スプリッツの人気には理由があることも判明した。アペロールは1919年に発明されたが、世界的に注目されるようになったのは、第二次世界大戦後のことである。夕食の前に「アペリティフ」を楽しむというイタリアのライフスタイルは、世界を制覇した。アペリティフのことを俗語で「アペロ」というので、アペロールという名前になった。アペロールの説明には、ビターオレンジ、ビター、リュバード、キナなど、さまざまな原材料のフレーバーが記されている。

 これは覚えておいて損はないですよ

20世紀初頭に人気を博したブランドだが、アペロール・スプリッツの正式なレシピが誕生したのは1950年代に入ってからだ。シップは、本国イタリアではアペリティーボ(食前酒)として、一日の疲れを癒し、夜の食欲を準備するための軽めの低アルコール飲料のような存在としてヒットしました。2000年代初頭、アペロールがグルッポ・カンパリに買収されると、アペロール・スプリッツは大西洋を越えて徐々に浸透し、「ガバナーズ・ボール」や「ボトルロック」といったメディア向けのイベントで選ばれるようになり、現在も続く人気急上昇の始まりとなったのである。ナポレオン戦争後、オーストリアがヴェネトを支配したとき、彼らは地元のイタリアワインに水を加え、ドイツ語では「スプリッツ」と呼んだ。やがて、水は炭酸水に変わり、スティルワインはリキュール入りのワインに変わっていった。そのリキュールが、現在のアペロールになるまでには、そう時間はかからなかった。1920年から1930年にかけてイタリア全土で人気を博し、女性や活動的なライフスタイルを送る人のための飲み物として売り出された。アペロール・スプリッツのレシピは、1950年にイタリアで放映されたテレビCMで有名になり、1980年代から1990年代にかけて世界中に広まった。 2003年にカンパリグループがアペロールを買収し、アペロール・スプリッツをクリエイティブでおしゃれで成功者のための飲み物として位置づける大規模な広告・マーケティングキャンペーンを開始した。現在、アペロール・スプリッツは世界で最も人気のあるドリンクの一つとなっている。

概要

2000年代初頭、アペロールがグルッポ・カンパリ社に買収されると、アペロール・スプリッツは大西洋を越えて徐々に浸透し、「ガバナーズ・ボール」や「ボトルロック」といったメディア向けのイベントで選ばれるようになり、現在も続く州内での人気上昇の始まりとなったのだ。古代ギリシャの神々や征服者たちがパーティーをしていたとき......そこにはある種の行動規範があった。ルールその1?ワインは必ず水で割って飲む。ワインを原液で飲むことは、エレガントでないとされていたのです濃縮されたワインを希釈することで、飲む人が自制することができたのです。その上、古代のパーティーアニマルたちに活力を与え、話題を広げ、参加するイベントを長引かせることができたのだ。 この希釈カクテルのレシピは、古代ローマ帝国の支配下で発展したものである。セティンはワインと雪を混ぜたもの(アウグストゥスはこれを好んだらしい)、ミュルサムは蜂蜜を混ぜたもの、コンディタムはハーブ、スパイス、種子などを混ぜたもの、ロザタムはワインを薄めるためにバラの花びらを入れて精製したものであった。アペロールは1919年に誕生したが、このオレンジリキュールが世界的な現象となるのは、1990年のマーケティングキャンペーンがきっかけであった。昼間からアペロールを飲んでいる、若くて魅力的で屈託のない人々でいっぱいの広告を想像してみてください。この広告は、ヴェネチアではよく行われているが、国内ではまだ十分に普及していない、仕事帰りのリラックスしたライフスタイルと文化を訴求するものだった。 この頃、フィレンツェからローマ、南イタリア一帯のバーテンダーにも正式に紹介され、アルコール度数が低ければ、摂取量を制限しようとする酒飲みをなだめることができると考えられたのである。2000年代初頭、アペロールはグルッポ・カンパリ社に買収され、その後の宣伝活動により、現代では社交の場、ゆったりとした集まりのための飲み物として選ばれるようになった。

その他の興味深い記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です