なぜコーヒーを飲むのか?

喫茶店のテーブルの上に置かれたコーヒーの入ったカップ。ケータイマン

コーヒーは間違いなくカフェインの供給源であり、刺激的なだけでなく健康的な特性を持っています。コーヒーに含まれるカフェインは、集中力を高め、体のパフォーマンスを向上させ、心臓の働きも良くします。カフェインの効果の一例をご紹介します。

  1. 脂肪燃焼-カフェインが脂肪細胞を分解して脂肪酸に変え、体が自然な燃料として使用します。カフェインは、多くの減量製品に含まれています。最大11%の代謝を促進させることが可能です。
  2. II型糖尿病のリスク低減-1日1杯のコーヒーを摂取するだけで、糖尿病のリスクが11%も低減されるのです。カップが増えるごとに、この危険度はさらに7%減少します。
  3. 肝臓をサポートする-イギリスの研究では、わずか2杯のコーヒーを飲むだけで、肝臓に大きな影響を与えることが分かっています。1日あたりのこの量のコーヒーは、肝硬変のリスクを45%も減少させるのです。
  4. 身体能力の向上 - コーヒーはアスリートに最適です。研究によると、体内のアドレナリンの生成に影響するため、身体活動量を最大12%増加させるそうです。トレーニングの1時間前に、おいしいコーヒーを飲むとよいでしょう。
  5. 神経系を刺激する-カフェインが血流、そして脳に入ると、ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンの産生を増加させる。コーヒーを飲むと、疲れが取れ、機嫌が良くなる。
  6. 認知症やアルツハイマーのリスクを低減 - コーヒーはこれらの病気への曝露を最大65%減少させます。カフェインには、体内の記憶プロセスをサポートする作用があります。しかし、ここでは、十分な運動、良い食事、ストレスのない生活などを心がけることも大切です。
  7. 性欲増進-コーヒーが媚薬であることは研究により確認されており、1日に数杯飲む人はより性的に活発であると言われています。

その他の興味深い記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。